ゲーム音楽などのメタルロックアレンジや楽曲を手掛ける音楽ユニット

赤魂特製!『キチンパン』のレシピレポート

  • HOME »
  • レポート »
  • 赤魂特製!『キチンパン』のレシピレポート

こんにちは、赤魂スタッフの そうな だよ!
赤魂生放送の第1回目は観てくれたかな?^^
(タイムシフトは、プレミアム会員のみ1週間後までは観られるみたいだよ!)
さて、今回はその記念すべき第1回目に作った創作おやつ『キチンパン』のレシピを紹介するよ^^(※キチンとは、『エミル・クロニクル・オンライン』で敵を叩くとドロップできるアイテムで、このおやつはそれになんとな~く似せたものです)

ゲームの合間にちょこっと食べるおやつは、魅力的だよね♪
ということで、今回は抹茶味甘いおやつパン作るよ

2015-01-19-20-20-34_deco【できあがりの図】
さぁ、一緒にコネコネコネコネ作ってみよう♪

【材料】大ボウル
強力粉・・・・・・・・・・・80g
抹茶パウダー・・・・・小さじ1
ドライイースト・・・・・・小さじ3/4
砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ1と1/2
スキムミルク・・・・・・小さじ1
・・・・・・・・・・・・・・1/2
卵黄・・・・・・・・・・・・1個
・・・・・・・・・・・・・・50~60g
(※水の量に10の差があるのは、作る季節や部屋の温度等の状態によって水分の蒸発が変わるから、その都度調整するためだよ♪)
(※あまった卵は、パン作りの最後にツヤ出しで使うので、とっておいてね♪)

     小ボウル
強力粉・・・・・・・・・・・・・・80g
・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/3
バター(食塩不使用)・・・40g

道具は、混ぜるときに便利な木べらやパンをコロコロできる細い棒、生地をこそぐスケッパーやパンが乾かないように被せる布巾(麻なんかがベスト)、卵を塗るハケなんかがあると便利だよ♪
(ちょっと不便だけれど、道具がなくてもパンはできるからあきらめないでね♪)
こねる場所(台)だけは確保しておいてね!

お好みでトッピングの材料なんかも用意してみよう。
今回はジャムチップ(焼くと溶けてジャムになる)を用意したよ♪

【作り方】
①まずは最初の材料を大ボウルに用意するよ。
その1 材料
大ボウルに強力粉を入れたら、あとは残りの材料を入れるんだけれど、このとき《ドライイースト》は強力粉以外のものとくっつかない場所に置いてね。(イーストは生きている菌なので、色々とデリケートな事情があるのです)
小ボウルにも材料を入れておいてね。
忘れないようにトッピング(ジャムチップ等)も用意しておこう♪

②ここからは素早くやっていくよ!
その2
水をイーストめがけてザバッと入れたら、ひたすら混ぜるよ♪(写真左)
粉が見えなくなるまでヘラでよ~く混ぜたら、小ボウルの材料をザバッと入れて、また混ぜよう♪
途中、スケッパー等で木べらについた生地をこそいで落としてね。
2015-01-19-19-55-44_deco

③大体まとまったと思ったら、中身を台の上にだして、手でこねよう!
その3
まだバターのカタマリなんかもあると思うけれど大丈夫。そのままこねてしまおう♪
こね方は、利き手でネコの手を作って、その手のひらで生地を台の上に広げるようにしてコネるよ。
もう一方の手は、生地が動かないようにそっと添えておこう。
この時、どっちの手にも強い力(体重をかける等)はいらないよ。
2015-01-19-19-58-04_deco
たまにスケッパーで広がった生地をすくってまとめてね。
簡単にペペッとまとめたら、また軽く押し広げるようにしてパンをコネていこう。

④どこまでコネればいいのか、見極め方はこうだよ。
2015-01-19-19-58-29_deco
コネたパンを親指と人差し指で広げるようにして持ち、中指で手前に押してみるんだ。
この時、コネが足りないと上の写真みたいに千切れてしまうよ。
もっとコネてみよう。

2015-01-19-19-59-30_deco
この状態になったらOKだよ。
次の工程に移ろう♪

⑤両手を「V」の形にして、写真の位置に生地を持ってこよう。
2015-01-19-20-03-28_deco
そして、「V」の手のひらのまま、「右~左~右~左~」と、「V」の形にコロコロと動かしながらコネていこう。
ここは静かにコネていくよ。コ~ロコ~ロ。

⑥生地がなめらかになったと思ったら、丸めてみよう。
その4
写真(左)のように、穴や割れ目を下にまとめるようにして、表面をキレイに整えよう。
(風船みたいなものをイメージすると分かりやすいかもしれないね)
できたら、優しくひっくり返して残った割れ目を写真(真ん中)のように閉じよう。
閉じたら、パラッと開いてしまわないように、とじ目を下にして大ボウルにそっと戻そう。(写真右)
(大ボウルは、洗わないでそのまま使っても大丈夫だよ)
生地は乾燥に弱いので、ラップをかけておいてね。

⑦ボウルに戻したら、発酵させるよ。
40度で25~35分。
様子を見ながら調節してね。
「調節と言われましても……?」というときは、とりあえず35分でやってみてね。

この時、パン専用の発酵機がなくても大丈夫。
電子レンジに発酵機能がついている人は、その機能を使ってみよう。(大体のレンジに発酵機能はついているよ)
無い人は、フタができる発砲スチロールの箱に温かいお湯(60度くらい)を入れたコップを入れて代用してみよう。(温度を測りながら頑張ってね!)
とにかく、《40度で保温&保湿できる空間》を作ってみよう。
:試したことはないけれど……、
40度のお風呂に軽くラップをかけた大ボウルを浮かべてみるとか(上面は温度がそこまで上がらないかもしれないけれど)、
お湯をはった鍋(40度)に軽くラップをかけた大ボウルを浮かべてフタをしてみるとか。試したことはないけれど!!(笑)



その5
上手く発酵が進むと、パンが一回り以上膨らむよ。
発酵できたら、取り出してコブシでチョイッと1回押して、ザックリ空気を抜こう。
できたら、また⑥みたいに優しく優しく丸め直そう。
そして、パンが乾燥しないように水でぬらした布をそっと被せて10分置いておこう。
(パン用語では、これを「ベンチタイム」っていうよ)

⑧ベンチタイムが終わったら、次は形を作っていくよ♪
その6
まず、丸い生地をスケッパーで半分に分けよう。(写真左)
分けた方の生地は、乾かないようにラップやさっきの布をかけておいてあげよう。
できたら、棒でパンを伸ばしていくよ。この半分にした形のまま、軽くコロコロと広げていってあげよう。
その7
こんな感じで、おにぎり型に伸びていくよ。
伸びたら、中に好きなトッピングを入れよう。(なくても美味しいよ)
私はイチゴ味のジャムチップを入れました。
丸めるときにはみ出るから、なるべく外側には乗せないようにしよう。
できたら、まるまると丸めていくよ。
その8w
丸めた後は、さっきと同じように閉じ目を閉じていこう。
ここでしっかりと閉じないと、焼いたときに「バッカァァ!!」ってパンが割れるよ☆
閉じたら、閉じ目を下にして(写真真ん中)、キチンの形になるようにクネッとさせてみよう(写真右)。

⑨クネッとさせたら、キチンの模様を作っていくよ。
2015-01-19-20-17-28_deco
こんな感じの手の動きで、スケッパーで線をつけていこう。
このとき、パンを切らないように気をつけてね。
浅くもないけれど、深くもない線を入れるんだ。
上手くできると、こんな形になるよ。
その9
そうしたら、トッピングを飾ろう。
もう1個の生地も、これと同じようにして形作っていこう。
その間、最初の生地が渇かないように、上からラップをかけておこう。

⑩最後にもう一度発酵させるよ。(専門用語だと「2次発酵」っていうよ)
40度で20~25分だよ。
あとちょっとで完成だから頑張ってね♪
2015-01-19-20-19-03_deco
発酵が終わったらこのまま焼くので、発酵させるときはクッキングシートをしいた天板の上に置いておこう。
そして、生地の上にさっきまで使っていたラップを被せて、その上からぬれた布をかぶせて発酵させよう。

⑪発酵が終わったら、オーブンを190度に温めておこう。
発酵機がある人は、あらかじめオーブンに予熱を入れておいて、発酵が終わり次第焼いてね。
2015-01-19-20-20-07_deco
オーブンを190度に予熱している間に、パンに卵を塗ろう。
ジャムをさけて、チョイチョイッと塗ってみたよ。
塗らなくてもできるけれど、塗ると照りがでて美味しそうになるよ♪
(でも本当は、塗らない方が緑っぽく見える気も……)

オーブンが予熱できたら、190度で13~15分焼こう。

⑫そうしてできたものが、こちらであり、
2015-01-19-20-20-34_deco(←ちょっととじ目が見えちゃっているのは内緒♪)
バリンと割ったものがこれである。
2015-01-19-20-21-07_deco(←実物はもうちょっと緑色だよ)
ふわわぁ~っとしていて、少し甘くて美味しいパンのできあがりなのです。
出来立てのフワフワを食べられるのも、手作りならではだよね♪
(生放送では前日に作ったものを食べてもらいました!笑)
また自分で作ると別格な美味しさがするよね。

長々と読んでくれてありがとう~!
以上、ゲーム料理アレンジャーの そうな がレシピをお送りいたしました~!!
ヴェーーー!キチーーーン!!!

© BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
  • twitter

赤魂(あかだま)公式Twitter

赤魂のルギアTwitter

PAGETOP
Copyright © Akadama.Redsoul All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.